スポンサーリンク

シリンジ法とは

シリンジ法とは自分で出来る人工授精方法です、
シリンジ法は安価で行えて危険性の低い、
医師もオススメする人工受精方法です。

 

シリンジとは自分で出来る人工授精

シリンジ法は医師の手を借りず自分自身で行える人工授精で、
以下の4点の長所があります、順に解説します。

 

・価格が安い
・自分達でやるから恥ずかしくない
・安全性が高い
・パパがEDでも大丈夫

 

シリンジ法は価格が安い

一般に病院で人工授精を行えば1回で平均15000円程度の費用が掛かります、
さらに体外受精の場合は1回で30万円を越える費用が発生します、
ですがシリンジ法は1回約500円程度の費用で行えるので、
病院での人工授精に比べて非常に安い価格で不妊治療が行えます。

 

シリンジ法は恥ずかしくない

病院での人工授精は、まずパパが採精室と呼ばれる場所で自慰行為を行い、
自身の精子を採取する所から始まります、それを医師に渡した後、
人工授精するママにチューブを使って直接精子を子宮に送ります、
病院での人工授精は時間も体力も浪費する上、
自身の精子を扱う以上、精神的にも負担が大きいのが現状です。
ですがシリンジ法は夫婦だけで行えるので、時間・精神的な負担共にとても少ないです。

 

シリンジ法は危険性が低い

病院での人工授精は精子を子宮に直接注入します、
子宮は侵入してくる菌を退治する術を持っていないので、子宮に雑菌が侵入すれば、
赤ちゃんだけでなくお母さんも大変なことになってしまいます、
もちろん病院側も雑菌には細心の注意を払っていますが、
他の患者さんに使用したチューブを流用することも多く、危険性がはらんでいます。

 

対してシリンジ法は精子を子宮ではなく、膣に注入します。
膣には殺菌作用があるので、仮に雑菌が入っても安全です、
また精子は元々膣から子宮まで自分の力で移動できるので、
子宮と膣とで精子の受精率には大きな差は生まれません。

 

パパがEDでも大丈夫

EDとは勃起障害のことで、性行為が上手く出来ない男性のことを指します、
ですがEDで性行為が出来なくても、自慰行為なら出来る方もいらっしゃいます、
シリンジ法は精子を採取して行うので、パパがEDでも赤ちゃんが授かれるのです。

 

シリンジ法は何処で購入できる?

シリンジ法はインターネットの通販などで購入することが可能です、
下のバナーをクリックして、詳細ページをご覧になってください。

>>>シリンジ法キットはコチラ<<<

 

シリンジ法のやり方は?

シリンジ法のやり方やコツについてはコチラで詳しく解説していますので、
合わせてご覧になってください。
>>>シリンジ法のやり方はコチラ<<<

関連ページ

妊活のタイミング法とは
妊活のタイミング法のやり方について解説します。排卵時期の予測や、成功率を高める方法などをご紹介します。
シリンジ法のやり方とコツ
シリンジ法のやり方やコツについて解説します、必要なキットや道具の選び方、成功率を上げる方法など、シリンジ法の情報満載でお届けします
体外受精とは
体外受精は病院で行われる不妊治療の一つです、体外受精の成功率ややり方、それに伴う痛みなど、体外受精に関する情報をお届けします。
体外受精の費用や保険は?
体外受精にかかう費用や、保険適用の可否、国から貰える補助金や助成金について解説します。また体外受精で生まれたお子さんに副作用があるかについても解説していきます。
着床しやすくする方法は?
赤ちゃんが着床しやすくなる方法について解説していきます、着床の為には黄体ホルモンの働きが非常に重要で、これを活発に働かせるようにすることがポイントになります。
妊活中オススメの運動は?
妊活中にオススメの運動についてご紹介していきます、水泳やウォーキングなどの各運動の妊活へのメリットを詳しく解説していきます。
ルイボスティーの妊活効果とは
ルイボスティーは妊活をする方にオススメしたい飲み物で、卵子の老化防止、体質改善など様々な効果が期待できます。