スポンサーリンク

体外受精とは

体外受精は病院で行われる不妊治療の一つです、
体外受精の成功率ややり方、それに伴う痛みなど、
体外受精に関する情報をお届けします。

 

体外受精とは

体外受精は名前の通り体の外で卵子と精子を受精させてから、
ママの子宮に卵子を移植して行う不妊治療です、受精した卵子が完成し易いため、
他の不妊治療よりも若干成功率が高いのが特徴です。

 

体外受精の成功率は?

体外受精の成功率は平均して30%程度です、
失敗した場合でも当然費用が発生しますので注意が必要です。

 

 

体外受精に痛みはあるの?

体外受精で痛みを感じるタイミングは主に二つあります。

排卵誘発剤の注射

卵子を取りやすくする為の排卵誘発剤を注射しますが
薬を入れる為の針が太めなので、注射する時がとても痛いのです、
また注射後もその痛みは継続する他、二日おき程度に何度も注射を受けなければならず、
体外受精の中で排卵誘発剤を注射が一番苦痛だった感じる方が多い様です、
実際この時の注射が体外受精の治療中で最も痛くて辛い場面と言われています。

 

採卵の注射

子宮に排卵された卵子を採取する為の注射です、卵子は非常に小さく注射は小さめ、
さらに多くの病院では麻酔をかけて採卵するので、痛みは感じ難いです。
人のよっては採卵時に若干の違和感や、チクリとした痛みを感じる方がいますが、
排卵誘発剤の注射に比べると全然マシと答える方が多いです。

 

体外受精のやり方は?

@排卵を抑える薬を飲みます
注射を使わず飲むタイプの薬が使われることが多いです。
Bの採卵する前日まで飲み続けます。

 

A排卵誘発剤を注射する
排卵を誘発する注射を打ちます、痛みを感じやすい上、
二日に1回を計3回〜4回程度と行う必要があるので、
体外受精で一番辛いのがこの期間です。

 

B卵子を摘出する手術を受ける
子宮に放たれた卵子を採取します、特殊な機械を使って卵巣の位置を特定しながら
卵子を採るための針を刺していきます、事前に麻酔をかけてから、
小さめの針を使用するのでさほど痛みは感じません。

 

Cパパの精子を採取する
採卵する日にパパに射精をしてもらい、新鮮な精子を提供してもらいます、
採取された精子は特殊な機械を使って、濃縮された後に最も元気な精子が選ばれます。

 

D卵子と精子を受精させる
専門家がシャーレを使って卵子を培養しながら精子を振りかけて、
卵子と精子を受精させます、受精後に細胞分裂していることが確認できたら、
その中で最も元気な卵子が選別され、卵子の移植の準備をします。

 

E元気の良い卵子をママの子宮に戻す
カテーテルを使用してママの子宮に受精した卵子を移植します、
移植されなかった卵子達は次回以降の為に冷凍して保存されます。

 

F妊娠検査を行う
妊娠したかどうかを血液検査や尿検査で判定します、
病院によっては卵子移植後にホルモン剤で着床を補助することもあります。

関連ページ

妊活のタイミング法とは
妊活のタイミング法のやり方について解説します。排卵時期の予測や、成功率を高める方法などをご紹介します。
シリンジ法とは
シリンジ法とは自分で出来る人工授精方法です、シリンジ法は安価で行えて危険性の低い、医師もオススメする人工受精方法です。
シリンジ法のやり方とコツ
シリンジ法のやり方やコツについて解説します、必要なキットや道具の選び方、成功率を上げる方法など、シリンジ法の情報満載でお届けします
体外受精の費用や保険は?
体外受精にかかう費用や、保険適用の可否、国から貰える補助金や助成金について解説します。また体外受精で生まれたお子さんに副作用があるかについても解説していきます。
着床しやすくする方法は?
赤ちゃんが着床しやすくなる方法について解説していきます、着床の為には黄体ホルモンの働きが非常に重要で、これを活発に働かせるようにすることがポイントになります。
妊活中オススメの運動は?
妊活中にオススメの運動についてご紹介していきます、水泳やウォーキングなどの各運動の妊活へのメリットを詳しく解説していきます。
ルイボスティーの妊活効果とは
ルイボスティーは妊活をする方にオススメしたい飲み物で、卵子の老化防止、体質改善など様々な効果が期待できます。