スポンサーリンク

着床しやすくする方法は?

赤ちゃんが着床しやすくなる方法について解説していきます、
着床の為には黄体ホルモンの働きが非常に重要で、
これを活発に働かせるようにすることがポイントになります。

 

赤ちゃんが着床しやすくする方法は?

赤ちゃんの着床を操作しているのは子宮の中にある黄体と、
そこから分泌される黄体ホルモンで、着床率を上げるためには、
黄体・黄体ホルモンの働きを活発にすることがポイントになってきます、
重要なポイントは以下の5つが挙げられます、順に解説していきます。

 

・体温を下げ過ぎない
・ストレスを溜めない
・適度な運動をする
・タバコを吸わない
・規則正しい生活をする

 

体温を下げ過ぎない

体温が下がると黄体や黄体ホルモンの働きが鈍くなってしまうので、
身体を冷やさずに温めるように心掛けた方が良いです、
特に黄体のある下半身の冷えには十分注意しましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスが溜まってしまうと、自律神経が不安定になってしまい、
それが元で黄体ホルモンの働きが鈍ってしまいます、
なので受けたストレスは適度に発散して、ストレスを溜めないように注意しましょう。

 

適度な運動をする

適度な運動をすることで、身体全体の血行が良くなりますので、
子宮の血行が良くなり赤ちゃんを着床しやすくなります、
また運動は着床に望ましい体温が維持しやすくなること、
ストレスの発散にもなることから非常に望ましい行動です、率先して行いましょう。

 

タバコを吸わない

タバコは身体の体温を下げてしまう為、ホルモンの働きが鈍ります、
さらにホルモンの分泌量自体も減少してしまう他、
卵子そのものも劣化してしまう可能性があります、
唯一の利点はストレスが解消出来ることかもしれませんが、
ほぼ百害あって一利無しなので、別の方法でストレス解消された方が賢明です。

 

規則正しい生活をする

睡眠リズムの狂いは自律神経の働きが乱れてしまうので、
ストレスの時と同様、黄体ホルモンの働きが鈍ってしまいます、
夜更かしは避けて十分な睡眠をとる様に心がけましょう。

関連ページ

妊活のタイミング法とは
妊活のタイミング法のやり方について解説します。排卵時期の予測や、成功率を高める方法などをご紹介します。
シリンジ法とは
シリンジ法とは自分で出来る人工授精方法です、シリンジ法は安価で行えて危険性の低い、医師もオススメする人工受精方法です。
シリンジ法のやり方とコツ
シリンジ法のやり方やコツについて解説します、必要なキットや道具の選び方、成功率を上げる方法など、シリンジ法の情報満載でお届けします
体外受精とは
体外受精は病院で行われる不妊治療の一つです、体外受精の成功率ややり方、それに伴う痛みなど、体外受精に関する情報をお届けします。
体外受精の費用や保険は?
体外受精にかかう費用や、保険適用の可否、国から貰える補助金や助成金について解説します。また体外受精で生まれたお子さんに副作用があるかについても解説していきます。
妊活中オススメの運動は?
妊活中にオススメの運動についてご紹介していきます、水泳やウォーキングなどの各運動の妊活へのメリットを詳しく解説していきます。
ルイボスティーの妊活効果とは
ルイボスティーは妊活をする方にオススメしたい飲み物で、卵子の老化防止、体質改善など様々な効果が期待できます。