スポンサーリンク

妊娠中の便秘 赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は便秘になりやすくなると言われますが、
お腹の赤ちゃんに影響が無いか心配になりますよね、
このページでは便秘が赤ちゃんに与える影響についてまとめていきます。

 

赤ちゃんに有害物質が渡る

便秘になるとお腹の中に便が長く滞在することになる為、便の発酵が進んでしまいます、
悪玉菌が便を腐敗させアンモニアや硫化水素などの有害物質が作られてしまいます、
これは便の臭いの元になる成分で、便が長く体内に残ってしまうと、
これらの有害物質が腸から血液に乗って身体を循環してしまい、
ひいてはお腹の赤ちゃんにも有害物質が渡ってしまいます、
お腹の赤ちゃんに毒が回るわけですから、悪影響が無いわけがありません、
便秘は赤ちゃんにとっては死活問題でもあるのです。

 

便秘で子宮が圧迫される

便秘になるとお腹に便が溜まってしまいますが、身体の容量は有限です、
さらに便の溜まりやすい結腸や直腸は、子宮のすぐ近くにあるので、
便が溜まりすぎると子宮の赤ちゃんを圧迫してしまうことになります、
短い期間であれば問題ありませんが、慢性的に子宮が圧迫されれば、
赤ちゃんが成長するスペースが無くなってしまい、成長障害にもつながります。
慢性的な便秘は赤ちゃんにも悪影響が出るのでいますぐ便秘を解消しましょう。

 

便秘のストレスは先天性障がいの危険アリ!

妊娠中に便秘になると、トイレでいきんでもお通じが出なくなり、
それがもとでイライラすることも多いかと思います、
ストレスは便秘を加速させてしまうので、便秘の悪循環に陥ることも多いです。

 

一瞬の情緒的なイライラ程度であれば赤ちゃんに影響はありませんが、
このストレスが長く続き慢性的になってくると話しは違ってきます、
慢性的なストレスでコルチゾールが分泌されて身体中を巡り、
ママの血液を介して赤ちゃんにコルチゾールが渡ってしまうと、
喘息やアトピーなどの身体的な症状や、ADHDたダウン症などの発達障がいを持った、
赤ちゃんが生まれやすくなるリスクを背負うことになるので、
ストレスの元になる便秘にならないことが先決です。

 

下剤を飲むのはもっと危険!

下剤は腸を収縮させて便を出しやすくする効果があるのですが、
腸だけでなく子宮も一緒に収縮させてしまうため、
子宮に赤ちゃんがいるママは絶対に下剤を使用してはいけません、
妊婦のママが下剤を使う場合、絶対に医師との相談して了承を得てからにしましょう、
子宮が収縮すればお腹の赤ちゃんの成長障がいなどを起こす危険があるためです。

 

妊娠中の便秘を解消するにはどうすれば良いの?

妊娠中の便秘を解消するには、便秘に良い食べ物を食べると良いです、
そちらの詳細についてはコチラの記事でまとめています、
その中でも下剤成分が一切含まれておらず、副作用が一切無い他、
食物繊維やオリゴ糖を沢山含むするっと抹茶は、妊娠中の便秘に特にオススメです。

↓↓↓するっと抹茶の詳細は下のバナーをクリックしてください。↓↓↓

関連ページ

妊娠中の葉酸の効果とは
妊娠したママは葉酸が必要とよく言われます、ここでは何故葉酸が妊婦ママに大切なのかを、葉酸の効果説明を交えて解説していきます。
妊娠中のオススメ葉酸サプリは?
妊娠中は意識して葉酸を摂らなければなりませんが、 葉酸は壊れやすく、吸収されにくいので、葉酸サプリメントなどで補わなければ不足しがちです、ここでは葉酸が何故不足するのかとオススメの葉酸サプリをご紹介します。
妊娠中に食べてはいけない物とその対処法
妊娠中に食べてはいけないものについて解説します、 生肉やお魚、ナチュラルチーズなどの食べ過ぎは危険ですが、偏った食生活をしないように心掛ければ多くの危険は避けられます、バランス良い食生活を心掛けましょう。
妊娠中に食べたい食べ物
妊娠中に食べたい食べ物を理由と合わせてご紹介します、葉酸を多く含む食べ物や、たんぱく質を多く含む食べ物、身体を温める食べ物などが特にオススメです。
妊娠中の便秘を解消する食べ物は?
妊娠中の便秘には水溶性食物繊維、オリゴ糖、水分を含む食べ物を食べると良いです、その理由とオススメの食べ物を順に解説していきます。
前駆陣痛が起こった時の準備とは
前駆陣痛が起こったときの過し方や準備のポイントについて解説していきます、本番のお産の陣痛が始まるまでに、しっかりと準備をしていきましょう。
前駆破水の特徴と対処法とは
前駆破水の特徴と対処法について解説していきます、 前駆破水と尿もれの見分け方も注目です。
妊娠二ヶ月後にやっておくこと
妊娠二ヶ月前にやっておくこと ここでは妊娠二ヶ月後、つまり妊娠後4週〜7週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠三ヶ月後にやっておくこと
妊娠三ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後8週〜11週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠四ヶ月後にやっておくこと
妊娠四ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠四ヶ月後、つまり妊娠後12週〜15週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠五ヶ月後にやっておくこと
妊娠五ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠五ヶ月後、つまり妊娠後16週〜19週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠六ヶ月後にやっておくこと
ここでは妊娠六ヶ月後、つまり妊娠後20週〜23週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠七ヶ月後にやっておくこと
妊娠七ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠七ヶ月後、つまり妊娠後24週〜27週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠八ヶ月後にやっておくこと
妊娠8ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後28週〜31週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠九ヶ月後にやっておくこと
妊娠九ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後32週〜35週の時期に、準備しておきたいことをまとめました。
妊娠十ヶ月後にやっておくこと
妊娠十ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後36週〜39週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊活中のヨガのメリットや注意点は?
妊娠中は身体を動かし難いので運動不足になりがちです、 ヨガは妊娠中でも自宅で出来る運動として妊娠したママにはうってつけです、ここではヨガをするときのメリットと注意点について解説します。
妊活中にオススメの朝ヨガは?
ここでは妊活注にオススメの朝ヨガをご紹介します、 便秘や腰痛、肩こりを解消できる優れたヨガ達です。
妊活中にオススメの夜ヨガは?
妊娠中にオススメの夜ヨガをご紹介します、 むくみ、肩こり、腰痛に効く優れたヨガばかりです。