スポンサーリンク

妊娠中に食べてはいけない物とその対処法

妊娠中に食べてはいけないものについて解説します、
生肉やお魚、ナチュラルチーズなどの食べ過ぎは危険ですが、
偏った食生活をしないように心掛ければ多くの危険は避けられます、
バランス良い食生活を心掛けましょう。

 

生肉を食べてはいけない理由と対処法

生肉にはトキソプラズマと呼ばれる寄生虫が住んでいることがあります、
トキソプラズマは健康な人はまず感染しない毒性の弱い寄生虫ですが、
寄生虫でありながら身体は細胞よりも小さく、
へその緒を通じて容易に赤ちゃんに伝染してしまいます、
まだ身体の弱い赤ちゃんにとっては感染の危険がある危険な寄生虫です。
ただしトキソプラズマは熱に弱く、しっかり火を通せば死滅します、
妊娠中はお肉は良く火を通して食べるように注意しましょう。

 

お寿司や刺身などの生魚を食べてはいけない理由と対処法

お寿司や刺身などの生魚には、生肉と同様にトキソプラズマが潜む可能性があります、
また魚には微量ながら水銀が含まれているので食べ過ぎると、
お腹の赤ちゃんに水銀が渡れば、未熟児や奇形児が誕生するの原因になりますので、
一週間にお魚を180g以上食べると水銀による障がいが起こる可能性が高くなります、
ですので妊娠中にお魚を食べるのは週に一度程度に抑えておきましょう。

 

ナチュラルチーズを食べてはいけない理由と対処法

加熱されていないナチュラルチーズを食べると、
リステリア菌に感染症する可能性があるためです、
リステリア菌の感染力は弱く、通常は感染することは滅多に無いのですが、
妊婦ママは通常よりも免疫力が落ちているため、感染の危険性があります、
しかしリステリアは基本加熱すれば死滅するので、
チーズを食べたいときは加熱して食べると安全です。

 

アルコールを摂ってはいけない理由と対処法

アルコールは飲みすぎると赤ちゃんが生まれたときに、
胎児性アルコール症候群と呼ばれる先天性の病気にかかりやすくなり、
極端に軽い体重で生まれたり、奇形や脳の障がいが残る可能性があります、
ですがアルコールの摂取が一日20g以下であれば、問題は起こりません、
ビールならば500ml缶一本、日本酒なら一合、ワインなら四分の1本程度が、
ボーダーラインですので、飲酒をするならば節度を持って行いましょう。

 

カフェインを摂ってはいけない理由と対処法

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは、眠気を予防する成分として有名です、
健常な大人であればカフェインで中毒を起こすことはまず無いのですが、
身体が小さく、解毒の機能が未熟なお腹の赤ちゃんにとっては、
カフェインは毒に近い成分なので、注意が必要です。
妊婦ママが一日に摂れるカフェインは150mg以下と言われており、
コーヒーであればカップ二杯程度、コーラなどは500mlペットボトル三本程度です、
妊娠中はノンカフェインの飲み物を中心に飲んだ方が賢明です。

 

ひじきを食べてはいけない理由と対処法

ひじきは栄養満点の食材として知られていますが、妊婦ママにとっては別です、
厚生労働省では一日5g以上ひじきを食べ続けると障がいが起こりやすくなるとしています、
ただし栄養があるからといって毎日食べる様なことをしなければ、悪影響は無いので、
ひじきを食べるならほどほどに、何事も程ほどが一番です。

関連ページ

妊娠中の葉酸の効果とは
妊娠したママは葉酸が必要とよく言われます、ここでは何故葉酸が妊婦ママに大切なのかを、葉酸の効果説明を交えて解説していきます。
妊娠中のオススメ葉酸サプリは?
妊娠中は意識して葉酸を摂らなければなりませんが、 葉酸は壊れやすく、吸収されにくいので、葉酸サプリメントなどで補わなければ不足しがちです、ここでは葉酸が何故不足するのかとオススメの葉酸サプリをご紹介します。
妊娠中に食べたい食べ物
妊娠中に食べたい食べ物を理由と合わせてご紹介します、葉酸を多く含む食べ物や、たんぱく質を多く含む食べ物、身体を温める食べ物などが特にオススメです。
妊娠中の便秘 赤ちゃんへの影響は?
妊娠中は便秘になりやすくなると言われますが、お腹の赤ちゃんに影響が無いか心配になりますよね、このページでは便秘が赤ちゃんに与える影響についてまとめていきます。
妊娠中の便秘を解消する食べ物は?
妊娠中の便秘には水溶性食物繊維、オリゴ糖、水分を含む食べ物を食べると良いです、その理由とオススメの食べ物を順に解説していきます。
前駆陣痛が起こった時の準備とは
前駆陣痛が起こったときの過し方や準備のポイントについて解説していきます、本番のお産の陣痛が始まるまでに、しっかりと準備をしていきましょう。
前駆破水の特徴と対処法とは
前駆破水の特徴と対処法について解説していきます、 前駆破水と尿もれの見分け方も注目です。
妊娠二ヶ月後にやっておくこと
妊娠二ヶ月前にやっておくこと ここでは妊娠二ヶ月後、つまり妊娠後4週〜7週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠三ヶ月後にやっておくこと
妊娠三ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後8週〜11週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠四ヶ月後にやっておくこと
妊娠四ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠四ヶ月後、つまり妊娠後12週〜15週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠五ヶ月後にやっておくこと
妊娠五ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠五ヶ月後、つまり妊娠後16週〜19週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠六ヶ月後にやっておくこと
ここでは妊娠六ヶ月後、つまり妊娠後20週〜23週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠七ヶ月後にやっておくこと
妊娠七ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠七ヶ月後、つまり妊娠後24週〜27週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠八ヶ月後にやっておくこと
妊娠8ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後28週〜31週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊娠九ヶ月後にやっておくこと
妊娠九ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後32週〜35週の時期に、準備しておきたいことをまとめました。
妊娠十ヶ月後にやっておくこと
妊娠十ヶ月後にやっておくこと ここでは妊娠三ヶ月後、つまり妊娠後36週〜39週の時期に、 準備しておきたいことをまとめました。
妊活中のヨガのメリットや注意点は?
妊娠中は身体を動かし難いので運動不足になりがちです、 ヨガは妊娠中でも自宅で出来る運動として妊娠したママにはうってつけです、ここではヨガをするときのメリットと注意点について解説します。
妊活中にオススメの朝ヨガは?
ここでは妊活注にオススメの朝ヨガをご紹介します、 便秘や腰痛、肩こりを解消できる優れたヨガ達です。
妊活中にオススメの夜ヨガは?
妊娠中にオススメの夜ヨガをご紹介します、 むくみ、肩こり、腰痛に効く優れたヨガばかりです。